イベントレポート

無事に「和紙でおもてなし」イベント開催いたしました!その1


先週の土曜7/12に向島百花園にて開催してきました!
会場風景7
台風も幸いにも反れてくれてほっと一安堵でしたが、かなり暑くなる予報だったので、参加者の皆様が熱中症などで体調を崩されないか心配でした… :-?
幸いにもキャンセルもなく全員がお集まりいただけましたこと本当に感謝でなりません。
ちなみにこの朝顔も和紙でできております。今は近くのカフェさんにお嫁に行きました :mrgreen:

会場風景4
さて、お客様が入る前の会場風景です。
やはり初夏の昼下がりの和室は粋な空間に和紙が似合いますね。
木漏れ日の日差しが何とも言えません。

当日セットした和紙おもてなしアイテムの一部です。
会場風景5 会場風景6
今回ランチョンマットを2種類用意し、交互に置かせて頂きました。
黄色は太陽をイメージし、水色は涼しげな水面をイメージして選んでみました。
この和紙は「雲竜和紙」といって2色の楮が色合いを出しているのはとても珍しいです
箸袋は色を交互にして、今旬の朝顔の和紙を貼り合わせてみました。
(若干向きが違うのはご愛嬌ということで… ;-)
箸置きは水引でできております。(ちょっと隠れてしまっていますが…)
これも芯にこよった和紙を使っている立派な和紙アイテムの一つです。
コースターも文様が綺麗な千代紙和紙を使って作りました。
こちらはまた後日しっかりご紹介しますね。

会場風景8
じゃーん、進行も努めた今回の企画者です :-D
けっして仰ぎながら話を勧めているのではなく、今回のイベントのために作った「飾りうちわ」の説明をしております。
めったに見られる商品ではないので、参加者の皆様も興味津津でした。

会場風景9
テーブルには皆様から持ち寄った美味い一品たちとお酒が所狭しを置かれています。
参加者の皆様は、お腹いっぱい満足されたかが心配です。

あっという間に時は過ぎて一瞬にイベントが終わってしまいました。
向島百花園8

私の考えとしては、和紙もたくさんの種類があります。
人間国宝の職人が抄かれた和紙やこれが和紙なのかどうか怪しいものなど様々です。
しかし、どんな和紙であっても身近に感じて親しまなければ後世に残っていかないと私は考えます
絵画の修復や書道や折り紙だけでなく、幅広い使い方や多様に使われている和紙をどんどん知って楽しんでいただける会を今後も開催していこうと思います。
和紙雑貨一覧
肩の力を抜いて気軽に和紙を好きになっていただくのが私の使命でもあり、目標でもあります。
ぜひどんな感じなのか興味をもたれたらぜひ一度参加してみてくださいませ。


2014-07-15 | Posted in イベントレポートComments Closed 
Translate »