イベントレポート, ワークショップ

和紙ランプに最適な8つの和紙


こんにちは。

和紙の魅力を世界に広めちゃう久平雅工房です。

今回は、和紙ランプにとてもぴったりな8つの和紙をご紹介します。

いよいよ11/7に東京谷中で「切り絵猫和紙ランプワークショップ」が開催します。

猫和紙ランプ

どんな可愛い猫ちゃん和紙ランプが誕生するか楽しみですね~。

さて、ランプに使うのにとてもぴったりな和紙をご紹介します。

写真はどれも光にかざして撮ったものなので選ぶのにわかりやすいかも。

1、典具帖紙(薄口)

典具帖紙

薄いブルー色なんですが、とっても柔らかくまた光沢のある光になりますよ~。

もともと和紙にキラッと光沢あるものなので光にあてるとさらに引き立ちます。

2、板締め和紙

板締め和紙

 

白い和紙を蛇腹に追って折った部分から染料をしみこませて染めています、

色のグラデーションがなんとも柔らかいですね~。

3、雲竜和紙

雲竜和紙

 

楮(こうぞ)という和紙の原料をまだ繊維を取り出していない状態で漉いたものです。

(模様が竜の髭だったり流れている雲の様に見えることからそう名付けられています)

色も10色位あるのでどの色にするかで迷いますね。

4、ごぼう入り和紙

ごぼう入り和紙

 

まさに野菜のごぼうがスライスして和紙と共に漉いています。(匂いもありませんし、腐ることもありません)

 

和紙も植物の繊維でできていますから、繊維がある野菜とはとても相性がよいです。

大阪での和紙ランプワークショップでは珍しかったのでともて人気でした!

5、七夕入り和紙

七夕入り和紙

こまかく刻んだ和紙が一緒に漉かれているものをそう呼びます。

なんだか花吹雪が舞っている感じでこれまた可愛いですね。

6、落水紙

落水紙

見ての通り、穴が空いている和紙です。

画像は、「青海波文様(せいがいはもんよう)」という波を扇状に描かれた文様ですが、他にもランダムな円だったりうずまきなどもあるので、

選び方によってはユニークですね。

7.判子(ほご)和紙

判子和紙

 

昔、書き損じた書類などを模して作られた和紙です。

これが光にあてるとなんだか行灯の様な雰囲気が出てとても和風になります。

やはり漢字が描かれていると日本の雰囲気がでますね。

8、透かし和紙

透かし和紙

 

落水紙と違って、模様が透けて見えます。

(構造としては模様になっている所が和紙の原料が厚みがあるのです)

画像は薔薇ですが、他にも千鳥などもありますよ。

これまた模様が浮き出て素敵ですね。

以上、代表的な和紙をご紹介しましたが、まだまだ種類はございます。

どの和紙を選ぶかで雰囲気が変わるのでいろいろ迷ってしまいますね。

ぜひ、いろんな和紙を選んでランプにしてみませんか?

11/7のワークショップでお待ちしております\(^^)/

 

追伸

ごぼう入りの和紙をご紹介しましたが、なんとねぎ入りの和紙もあるんです。

ねぎ入り和紙

輪切りになったねぎがちゃんと見えますね~。

この和紙もワークショップに持っていくのでまたまたみなさんの反応が楽しみです\(^^)/


2015-11-04 | Posted in イベントレポート, ワークショップComments Closed 
Translate »