テーブルセッティング, 商品一覧

カレンダー和紙箸袋&楊枝入れ


こんにちは。

和紙の魅力を世界に広めちゃう久平雅工房です。

今回は、1~12月までの行事や季節に関連したカレンダー箸袋&楊枝入れのご紹介です。

ちょうど和紙楊枝入れの製作をしていた時に閃いたのです。

「これだけの沢山ある和紙なのだからなにかシリーズとして商品を作ってみても面白いかも…」

アイロンかけた和紙

やはり海外の人たちに興味を持ってもらえる様なシリーズで他にない商品はなにかと考えて

全体

日本の行事を中心としたイベントや季節を表して、かつ日本らしい商品が良いと思い箸袋と楊枝入れを作ってみました!

月ごとに順にご紹介!

1月

1月といえば、やはりお正月ですね。

楊枝入れは、ダルマや鶴や飾り餅などおめでたいものが沢山散りばめられた千代紙にしました。

箸袋は、七福神!1/7に各地の七福神巡りで御朱印を頂くのは定番化してきていますね~。

2月

2月は、節分が日本では大きな行事ですね。

楊枝入れは可愛い鬼さんが描かれた千代紙をチョイス。

箸袋は、にしました。見頃の時期というのもありますが、受験シーズンでもあることから梅は合格祈願に縁起が良いと言われています。

まさに2月にピッタリですね~。

3月

3月は、桃の節句のひな祭り

楊枝入れも箸袋もお雛様柄の千代紙をチョイスしました。

4月

4月は、桜のシーズンでもありますね。

桜は日本を代表する吉祥の花としても有名です。

楊枝入れも箸袋もそれぞれに桜が描かれた千代紙をチョイスしました。

5月

5月は、端午の節句で鯉のぼり

楊枝入れは、まさに鯉のぼりや勝負や兜などが描かれた千代紙をチョイス。

また、5月の第二日曜は母の日ですね。

箸袋は、カーネーション柄にしてみました。

6月

6月は、ちょうど梅雨のシーズンに入りますね。

なので、楊枝入れは、箸袋は紫陽花梅雨に外せないアイテム柄にしてみました。

7月

7月は、七夕ですね~。

楊枝入れは、ちょうど表に琴の絵が見えますね。

昔の七夕の宮中行事には、笹の下に琴や糸巻き、梶の葉に筆などが飾られ技芸上達を願ったそうです

箸袋は、七夕で定番の短冊が描かれた千代紙にしました。

8月

8月は、夏真っ盛りですね。

楊枝入れは、花火が描かれた千代紙をチョイス。

箸袋は、朝顔柄の千代紙にしました。

どちらも外せませんね~。

9月

9月は、秋に突入ということで秋に関するものをチョイスしました。

楊枝入れは、兎柄をチョイスしました。

歌の中でも「うさぎ うさぎ なに見てはねる 十五夜お月さま 見てはねる」なのは有名ですね。

十五夜は9月になります。

箸袋は、トンボ柄にしました。

ちょうど夏が終わりに近づくとトンボが現れて秋を知らせてくれます。

また、トンボが飛び回っている田んぼでは稲がだんだんたわわに実って収穫の時期を迎えるのもこの頃ですね。

10月

10月は、紅葉の時期でもありますね。

2015年は暖冬で紅葉の時期は伸びてすぐに終わってしまいましたが、やはり10月あたりから段々と深まってきます。

楊枝入れはもみじを中心とした千代紙、箸袋は銀杏を中心とした千代紙をチョイスしました。

11月

11月は、ボジョレヌーボーが日本だけでなく世界各国で大盛り上がりしてますね。

楊枝入れは、菊柄にしましたが重陽の節句で9月に使えますね…(^_^;)

箸袋は、葡萄柄にしてあります。

12月

12月はなんといってもクリスマス!

和紙にもクリスマス柄はあるんですよ。

楊枝入れも箸袋も可愛いサンタさんやクリスマスツリーが描かれた千代紙をチョイス。

洋なのにとても和っぽく見えるのは和紙の温かみがそう感じさせるのかも\(^^)/

さて、箸袋と楊枝入れをセットでご紹介しましたが、それぞれ別々でも見ごたえがありますね~。

箸袋全体

(箸袋12ヶ月分)

楊枝入れ全体

(楊枝入れ12ヶ月分)

それぞれに行事の意味などを添えてギフトとしてパッケージしたら他にはなく日本らしくて活用できるものになるかも!

興味あるかたは是非お問い合わせまでご一報を~~~\(^^)/

リクエストやご意見なども大歓迎ですよ~。

 


2016-01-13 | Posted in テーブルセッティング, 商品一覧Comments Closed 
Translate »