イベントレポート, ワークショップ

盛況御礼!和紙行灯ワークショップ


こんにちは。

和紙の魅力を世界に広めちゃう久平雅工房です。

今回は、9/17,18に開催された「アークヒルズ秋祭り」での「和紙で作る行灯ワークショップ」の模様をご紹介します。


無事に二日間ワークショップを開催することができて、参加者をはじめお手伝い頂いたり出展させて頂いた関係者の皆様に感謝申しあげます。

%e5%bd%93%e6%97%a5%e3%83%96%e3%83%bc%e3%82%b9

ブースはこんな感じになりました。

立派な看板もご用意頂き、宣伝するのに大変助かりました。

%e3%82%b5%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%ab%e8%a6%8b%e6%9c%ac

サンプルも看板同様に飾りましたが、予想以上に宣伝効果があっていろんな方が立ち止まって見てくださいました。

%e3%82%b5%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%ab%e8%a6%8b%e6%9c%ac2

テーブルにも灯りをつけた見本を飾り、参加者のみなさんがイメージがつきやすい様にしました。

%e5%8f%82%e5%8a%a0%e8%80%85%e7%ac%ac%e4%b8%80%e5%8f%b7

両日ともに11:00から17:00まで7回講座を開かせて頂きましたが早速最初の回から参加者が集まっていただけました。

ワークショップをスタートして気づいたことなのですが、小学生のカッターの持ち方が非常に力を込めた握り方をしていることでした。

おそらくえんぴつもギュッと掴む感じで持っているのかもしれません。

今回デザインカッターといって曲線や細かい部分も切れるものを用意し、カッターを引けば切れるのですがほとんどの子供は押し出す感じで使っていました。

%e5%8f%82%e5%8a%a0%e8%80%85%e7%ac%ac%e4%ba%8c%e5%8f%b7

土台となる外枠の黒紙はやや厚みがあって硬い材質をチョイスしたので、切りにくい部分もあったのですが想定していた以上にカッターに慣れるのに時間がかかりました。

(途中で手が痛くなる子も続出でした…)

急遽細かい部分は私がサポートすることで時間内で完成させる様にしました。

%e5%8f%82%e5%8a%a0%e8%80%854

また予想以上に小さいお子さんの参加者が多く、ほとんどの作業をママさんやパパさんがやることになってしまい、お子さんがつまらなそうにしてしまうことも多かったです。

1日目は大人も子供も同じ工程で進めていましたが、2日目は大人コースと子供コースに分けて子供向けにはカッターよりもはさみを多用して作れる工程に変更しました。

おかげで、汗をかきかきで苦労していたママさんパパさんの作業は減り、お子さんのやることが増え集中してスムーズに作れる様になりました。

%e5%8f%82%e5%8a%a0%e8%80%857

さらにお子さん達に最後まで飽きさせない様に「自分で好きなものを選ばせる」ことをポイントにしました。

切り抜く型紙、行灯に貼る和紙、またワンポイントとして貼る和紙シールは自由に選んで頂きました。

これは、お子さんだけでなく大人も夢中になって選んでレイアウトしていました。

(時には親子ゲンカしながら配置を決めてましたよ(^_^;))

毎回予定時間を過ぎてまで作業していて教えるこちらは毎回ヒヤヒヤしておりましたが、指導する当方としても非常に勉強させて頂くことができました。

親子にとって、とっても良いコミュニケーションや共同作業になったと自負しております。

%e5%8f%82%e5%8a%a0%e8%80%856

日本人だけでなく外国人の親子参加も多く、素敵な和紙行灯を作っていました。

そこで痛感したのは、「英語話せる様に書ける様にならねば…」でした…(これは必須ですね~)

%e5%8f%82%e5%8a%a0%e8%80%85%e3%81%8c%e4%bd%9c%e3%81%a3%e3%81%9f%e5%92%8c%e7%b4%99%e8%a1%8c%e7%81%af

次回、機会がありましたら更にバージョンアップして小さいお子さんでもより作る楽しみや和紙に触れる機会を増やした内容にしていきたいと思います。

「私も作ってみたい」という方はキット販売致しますので、「問い合わせ」フォームにてご連絡ください。

%e8%b2%a9%e5%a3%b2%e7%89%a9

当工房の和紙雑貨商品も販売させて頂きました。

やはり?注目は和紙巾着だったみたいです。

「紙に見えない!」というお声を多数頂きました。

よりパワーアップした和紙巾着を今後も販売していきたいと思います。

 

「久平雅工房ネットショップ」はこちら!

ブログトップ用

 不明な点などありましたら問い合わせフォームまでご連絡くださいませ。

問合せフォームボタン


猫柄和紙雑貨はこちらからどうぞ

ブログトップ画像


2016-09-19 | Posted in イベントレポート, ワークショップComments Closed 
Translate »