その他(季節商品等), 商品一覧

夏へのマストアイテム 和紙のうちわ!


6月に入って、ますます暑くなってきますね晴れ
でもエアコン入れるにはちょっと抵抗あるんだけど…という方は一人や二人ではないはず。
やはり夏にむけて外せないのは、うちわや扇子ですね指でOK

和紙の季節になってきましたと言っても過言ではありませんよ
エコへの関心もあってか団扇が最近見直されることが多くなりました。
中でも「水うちわ」というのか最近ちょっとしたブームになっています。
和紙扇子5(雑誌より転載)
「水うちわ」とは和紙(雁皮という木の繊維が原料)にニスが塗られたうちわで、水にそのままうちわをサブンとつけて仰ぐというものです霧
普通に仰ぐよりも水分があるので更に気温が下がって涼しい風が通ります。
見た目も透けているのでそれだけでも涼を感じられますよ波

うちわは、もともと中国から伝えられてきたものと言われています
元々は、植物を編んだものでしたが、室町時代から和紙製のうちわになってきました。
扇子は、平安時代からでなんと日本で生まれたものだそうですよ富士山
涼をとるだけでなく、昔は、恋文や合戦の合図、神事、仏事などで普及していきました。
江戸時代頃になると庶民の中でも流行りだして、絵師には恰好のキャンバスや、モチーフとなってきましたアート
浮世絵でも多くうちわを持った美人画が描かれていますね
和紙扇子2
女性のおしゃれとして流行したそうな乙女座
逆に扇子は折りたためるのもあってか日本では、男性の方が好んだようですよ獅子座

久平雅工房でも、うちわも扇子もワークショップを開催しました
kaijou2 ワークショップ2
やはり自分で作ったもので仰ぐとまた格別な気分になりますね。
(私も創ってみたいという方はご連絡下さいませほっとした顔)

最近、私が注目しているのは「飾りうちわ」です。
飾りうちわ1
半立体で花などが貼り付けてられていて、仰ぐのは当然できますし、飾りとしても夏らしい置き物になりますクローバー
今年もまた「飾りうちわ」を作成しようと計画中です。 
モチーフはやはり夏らしいもので風流なものにしたいと思います。
小さいものから大きなものまで、皆様にご紹介できるようにしていきますねハート達(複数ハート)


Comment





Comment



Current ye@r *

Translate »